地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、三条の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

三条の地域情報サイト「まいぷれ」三条市

感染症情報を更新しました。

新潟県が発表する「新潟県感染症情報(週報速報版)」の中から、三条市に関係する情報をお知らせしていきます。
毎週更新予定です!

長期休暇における海外での感染症予防についてはこちらをご覧ください

新潟県感染症情報(平成31年第1週:12月31日から平成31年1月6日まで)

【三条地域振興局管内(三条市・燕市・加茂市・田上町・弥彦村)の感染症情報】 

○急性出血性結膜炎
 定点当たりの報告数が2.00と国の示す注意報基準を(定点当たり1)を超えています。

 

【県内の感染症情報】
○ インフルエンザの流行期に入っています。
 定点当たりの報告数は全県で9.24となり、先週の5.80と比較して増加しました。
 社会福祉施設における集団発生があること、また、注意報基準(定点当たり10)を超える管内もあることから、今後全県でさらに増加すると考えられます。引き続き十分な注意が必要です。
 
○伝染性紅斑の警報基準を継続します。
 定点当たりの報告数は全県で1.33となり、先週の2.07と比較して減少しました。しかし、国の示す警報終息基準(定点当たり1)を超えていることから、警報を継続します。
 例年より高い水準で推移しており、引き続き十分な注意が必要です。

○感染性胃腸炎に注意しましょう。
 平成31年第1週の感染症発生動向調査(サーベイランス)において、感染性胃腸炎の定点当たり報告数は全県で1.49となっており、先週の3.68から減少しました。
 しかし、例年、冬から春はノロウイルスによる食中毒が多発する時季です。社会福祉施設における集団発生の報告もあることから、調理や食事の前には十分に手を洗うなど、予防を心がけましょう。
 「にいがた食の安全インフォメーション」の情報も参考としてご覧ください。
 

新潟県管内の感染症情報に関するホームページへのリンク